不幸にもオランダにて「日本人が自分の子どもたちへの幼児虐待で逮捕-実刑4年」と言う、非常にショッキングな事件が起こりました。複数のニュースで報じられています。(リンクは、4年の禁固刑が決まったと言うオランダ語のニュースです。)

 

簡単に事件の内容を記します(ニュースより)

事件自体は、昨年(2018年)の6月に首の骨を骨折している少年が発見されたことから発覚したようです。(少年はすぐに病院に入院しました)

その時の少年が語ったことなどから、家庭内で日常的に父親(40)が子どもたちに暴力をふるっていたこと、満足な食事が与えられておらず、学校でも友人に食べ物を強請ったり、盗んでいたり、ゴミ箱などから食べ物をあさっていたことなどが判明。もともと学校の先生もそうした行動をマークしていたようです。

この家庭には父親(40)の連れ子が3人と母親(39)の連れ子が3人、さらにオランダで生まれた赤ちゃんの7人のお子さんがいたそうです。

少年が保護された際に、警察官から「このまま保護されなかったら、どうなっていたと思うか?」と聞かれた父親は、「あまり考えたくない。亡くなった可能性もあるかもしれない」などと答えていたそうです。

母親は、子どもたちに暴力こそ振るったりはしなかったようですが、父親を止めることができず、食事もほとんど与えていなかったとのこと。(裁判では、弁護士は母親も被害者だと主張したようです)

結果、この日本人夫婦は逮捕され、それぞれ4年、3年10か月の禁固刑が決まったとのこと。そして今回はこの実刑が確定したタイミングでのニュースでした。この9月のことです。

赤ちゃんはオランダで里親に預けられて、他の子どもたちは、すでに日本に帰国しているようですが、(おそらく赤ちゃん)一人の子どもは、栄養失調で瀕死の状態だったと言うことです。

 

わざわざ日本から「子どもが世界一幸せ」と言われているオランダに移住してきて、何をやっているんでしょうか…?

しかし逆にオランダに移住してきていなかったら、日本でこのように何らかの外部からのストップがかけられたのか? そう言う意味では、オランダにいたことは良かったのか?

どうしてそんな貧困状態で移住してきたのか? どういう生活をしていたのか? 周りに助けてくれる人はいなかったのか?

子育てのためにオランダに移住してきた者としては、非常にショックなニュースです。

もともと移住できるような状態ではなかったのではないか? あるいは虐待も日本にいる時からあったのではないか? などと言う声も聞こえてきます。生活困窮度合いが半端なかったのではないか?と言う声もあります。

 

オランダへの移住は決して楽ではない

我々は、2016年の4月にオランダに移住しました。準備にはおよそ10年かけました。事前に多くのことを自分で調べて、非常に大変な思いをして何とか移住しました。

と言うこともあり、後から「移住したい」という方の相談には、出来るだけ乗るようにして、請われれば100%応えて全員と会って相談に乗っていました。オランダに来た後、数少ない日本人同士で助け合いながら生活できれば、と思っていたからです。

ところが、だんだんと分かってきたのですが「何も自分で調べて来ない人」「挨拶や話し方がおかしく、礼儀や常識がない人」「全部任せて、何も自分でやらない人」などなどが多く、全ての要望に応えていると、こちらの業務にも支障を来たすようになってきました。

こちらはお金ももらわずに善意で一生懸命相談に乗ったり対応しているのも関わらず、「自己紹介もなく、質問ばかりしてくる情報クレクレ君」とか、「ひたすら人任せで、永遠と要求を繰り返す底なし沼人」、「クレージークレーマー」、「挨拶ナシで、自分の要求がある時だけのかまってちゃん」「移住後、すぐに帰国するハメになってまう一泊二日移住人」などなど、もう意味の分からない人ばかりになってしまいました。散々、オランダ移住を煽っていた人も、とっくに帰国してたりもします。

そして場合によっては、「あなたがオランダが良い!って言ったから来たのに、こんなはずじゃなかった!」などと言われかねないなあと思い始め、2017年からは一切の移住のご相談は受け付けないようにしました。(今ではご紹介や、もともと知ってる人だけの相談に乗ってますが)

こうした経験を経て、自分自身は移住をオススメすることは一切辞めていたのです。

なので、ある意味ではこういう事件が起こる事も予想出来ていたし、また今後、日本人移住者の別の事件が起こる事もあるかな、とも思っています。

いくら「子どもが世界一幸せな国」であっても、移住というのは本当に大変なことで、上手く行く人は一握りです。もちろん自分自身も今でも毎日、必死な思いをして生きています。なので、ハッキリ言いますが、基本的には移住はオススメしません。

 

親自身が幸せであることが大事

考えてみれば簡単なことですが、やっぱり移住は子どもの問題ではなく親の問題の方が大きいのです。それがいくら子どもため、教育のためであっても、親自身が幸せであったり、金銭的にも余裕があったり、また生活もきちんと成り立つこと、仕事ができる事が大前提です。

今回の事件などは、そもそも親の生活が成り立っていなかった、ということが大きい問題だと感じています。(繰り返しになりますが)皮肉にも「子どもが世界一幸せな国」だからこそ、親の虐待に歯止めがかかった、ストップがかかった、と捉える事も出来ますが…。

本当に、今回の事件のような親には怒りというかショックを感じます。子どもが保護されたのが唯一の救いで、一歩間違えば、大惨事になっていた、この異様な事件をストップさせたオランダは、やはりすごいなあとも感じましたが…。