最近、『海外に移住するためには、何を準備しておいた方が良いですか?』という質問を受けることが多いです。

もちろん、その人のキャリアや目標によっても全く違うので、一般化して言うことは難しいのですが、個人的に強く思うのは、やっぱり英語(語学)でしょうか。

再三、こちらでも書いているように、家族で移住する場合、実は結構、子どもの方が順応性が高く、言葉もさっさと覚えてしまう場合もあると思います。もちろん、これも年齢に応じてだったり、その子の性格にもよるところがあると思うので、一般化は難しいのですが、それでも「子どもの心配してる前に、親の語学力を何とかしないと!」と言うパターンも結構、あるように思います。その典型的なのが、我が家ですが。笑。

親のオランダ語はさっぱりなのに、子どもはすっかり問題なく喋れるようになっている(それでも妻は猛勉強中ですが)と言う感じで、とにもかくにも、やはり語学力、英語はもうやれるだけやっておいた方がいいのでは?と思います。

 

■忙しいママは英語はどうすればいいのか?

で、自分の場合は、完全に独学で、と言うかスカイプ英会話を3年間くらい、ほぼ毎日やって、TEDなども1日に多い時で4,5時間聴き続けたりして、何とか日常会話では困らなくなったのですが、それでも今、通っている大学院の学生の喋るスピードと、若者特有の言葉とかにはなかなかついて行けず、いまだに英語には結構苦労しています。

で、そんなことを見越してるいるのかどうか、「うちのスカイプ英会話を受けてみませんか?」というお誘いを受けました。実は、仕事も兼ねて、過去には60校以上のスカイプ英会話を受けたことがあったので、また、今更だったので、あまり気乗りはしなかったのですが、「先生にはママも多いので、海外の学校の話とか、子育ての話をしてみたらどうですか?」と言われて、「確かにそれは面白そうだな!」と思って、受けて見ることにしました。

ちなみに、レッスンを受けたのは「Mainichi eikaiwa」という学校です。

もしかしたら、もうスカイプ英会話をやっている方も結構多いかもしれませんが、個人的な意見ですが60校のレッスンを受けた経験からすると、正直言って、学校がどこか?レッスンのカリキュラムがどうか?というのも大事なポイントですが、結局、先生のレベルとか、相性によるところも大きく、先生がポイントになってくるかな?と思っています。

しかも、今回は「子育ての話をする」というテーマでしたので、どうかな?と思っていたのですが、これが意外にも結構楽しかったのです。

先生は、カナダ人でガテマラか、エクアドルかどっちか忘れましたが、南米の国に20年近く住んでいるママさん先生。お子さんが4人いて、異国の地で苦労しながらも子育てをして、一番上のお姉ちゃんは、今年からオーストラリアの大学に進学らしく、その前はシンガポールに留学にも行っていたようで、超国際派。

しかも、20年近く前に、旦那さんが半年くらいの「育休」を取ったらしく、1年間の育休を取った自分とかなり境遇も近く、「会社で一人目だったんんじゃない?」とか「親類に反対されたのよね」「もう働く気がないと誤解されて…」などなど、カナダの20年近く前は日本と同じだったのかとか、「子どもの教育のために国を変えるのは最近では珍しくないわよ」、とか、「国際派の子どもは、常に外の世界を知りたがっているから、どんどん親元を離れて行っちゃうから寂しいけど子どものためにはその方がいいわよね。今のうちにできるだけ一緒にいてあげて」とかとか、かなり会話が盛り上がりました。

 

■スカイプ英会話の先生とママ友になる?

で、もちろん英語の先生なので、細かいところを要所要所で直してくれます。自分の場合は、基本的には話はできるので問題ないのですが、イディオムとか、ちょっとした言い回し、そして発音など、ネイティブならではの視点で指摘してくれました。

この辺りは、先生のスキルが高いから(実際、ベテラン)できることだと思いますが、忙しいママさんの場合は、「英会話学校の先生とママ友になる!」というのが、いいのでは?と思いました。

今回の場合は、カナダの学校事情を聞いたりもできましたし、会話が結構楽しかったのですが、「ママ友を作る」という目標で英会話を始めるのは結構オススメです。

もちろん、英語のレベルにもよると思いますが、先生は大体の場合は、合わせてくれるし、先生の国の学校のこと、もしママなら、子育てのことについて聞く、また相談に乗ってもらうなどなど、海外にママ友を作る感覚は楽しいと思います。

 

と、まあこんな身近なところから、海外移住の準備を始めてもいいのかな?と思ったのです。とりあえず、悩んでいるのなら、できる準備から始めておくことに損はないはずです。

そして、実際に親の方が海外に馴染めない、なんてことも多々ありますし。

子どもは環境適応能力が高いし、親が悩んでいる間に、さっさと国際派になって親元を離れて行ってしまうのです。

だって、子どもの成長は早いですからね。

それにしても久しぶりのスカイプ英会話、結構楽しかったですよ。あと、いかに普段、自分がいい加減に話しているか、ということも確認できました。

オランダ語の前に、英語を強化しないとダメかな。。。今更ですが。

ちなみに、今回受けたスカイプ英会話スクールはこちらです。Mainichi Eikaiwaの公式サイトのURL(  https://www.mainichieikaiwa.jp/  )ご興味あればぜひ!

Jonny Hughes

Bookmark this on Google Bookmarks
LINEで送る
Pocket