medium_3760617949.jpg
子供の成長は、早い。とにかく早い。
赤ちゃんの脳を育む本によれば
例えば、子供の脳の大きさは2歳児くらいで、産まれた時の2倍?3倍くらいに。
脳内で情報を伝える神経細胞の突端にあるシナプスは、脳の回路を作り密にしていく役割で
3歳?4歳あたりまででピークに達して、逆に使わないシナプスはどんどん衰えていくという。
脳の大きさが2倍以上になる、というのは本当にものすごい成長だと思う。
そして、シナプスのピークが3、4歳ということで、この時期にはできるだけ
多くの刺激を与えて脳の発達を促すことが大切と。
「三つ子の魂、百まで」という諺があるように、3歳児くらいまでに人間の基礎が決まる、
というのもまんざら間違ってないように感じる。
そして、この年齢のころの成長の早さは、感動ものである。
昨日登れなかった階段に左足から登れるようになる、
昨日まで触れなかった虫に触れるようになる、
昨日覚えた、単語がいきなり使えるようになる、
昨日食べられなかった野菜が食べられるようになるなどなど。
最近は2日間出張で家を空けると、うちの2歳児の、その間の成長にびっくりする。
「えっ!そんなことができるようになったの?」と。
脳がそれだけ大きくなって、それだけ進化している証拠だと思う。
これは大人にはない成長です。
こんな人生に一度しかない時期に、
大人ができることは、とにかく1分1秒を惜しんで、一緒にいる。
そして、できるだけ色んな刺激を与えるようにする。
ということしかないかな?と思って、とにかく出来る限り一緒にいる時間を長くしています。
とにかく、子供の成長の早さは驚異的なのです。
ちょっと前に話題になりましたが、以下の映像を見ても実感します。
産まれた時から12歳になるまで、1週間に1度撮影したものをつなげたもの。
ちょっと本質的な意味は違うのですが、子供の成長の早さを実感できる映像だと思いました。
ま、大人も相当な早さで老けていっているんでしょうが。。。

Lotte Time Lapse: Birth to 12 years in 2 min. 45. from Frans Hofmeester on Vimeo.

子供の1分は、大人の1日に相当するくらいの感覚かもしれませんね。
あなたは、子供の1分を大切にしていますか?

photo credit: JD Hancock via photo pin cc

Bookmark this on Google Bookmarks
LINEで送る
Pocket