medium_4505463548.jpg
明日は入園式。
そこで、今日は特別に息子の入園式に向けて、
ちょっと私信的に。そして記録的に。


ここまで、長かったようで、短かかったようで。
振り返ると、君が生まれてからいろんなことが起こりました。
練りに練って、凝りに凝りまくった新しい家がやっと完成し、
さあ、いざ出産。
というタイミングで、転勤が決まりました。
しかも転勤先は、全く縁もゆかりもない未知の土地。
今だから笑い話だけど、事務的手続きのミスかなんかで、
転勤を言われたのは、3月31日の夕方。というか夜。
「明日から行ってくれ」
と言われたけど、意外と面白いかも!と思ったので
その場で即決したのを昨日のように覚えています。
4年前のちょうど4月かな。
何か予感があったのか、人生の新しいステージかな?
と直観的に感じました。
それから、数ヶ月後、君が生まれました。
当時は単身赴任でありながら、出産に立ち会うタイミングに恵まれ
運良く、君がこの世に生まれた瞬間の目撃者になれました。
ママが、すごくがんばったよ。
パパは、その時はまだ「目撃者」つまり、自分が父親になるという
当事者意識が全く持てなかったのをはっきりと覚えています。
出産に立ち会ったものの、その日もすぐに仕事に行ったり、
その後、1年ぐらいは赴任先と行ったり来たり。
だからこそ、会うたびに君が成長していく様に驚いていた気がします。
生まれた時から、大きくて体も丈夫だった君は
すくすく大きくなったけど、
体は大きいくせに泣き虫で、ママのことが大好きっ子だから、
結構、ママは大変だったと思う。パパは全く家にいなかったからね。
1歳半で、引っ越ししてやっと一緒に住むようになったけど、
やっぱり、それくらいから「家族」という気がしてきたかな。
その後、311があって、
仕事や生活、そして家族ということに対しての考え方が、
結構変わったかな。
幸い、転勤先の環境が最高に良く、
自然に溢れた遊び場が近所にいっぱいあり
体を存分に使った遊びをしながら、しゃべりもどんどん上手になって、
体もますます大きくなっていく様子は、頼もしくもあり、
楽しくもあり、君のおかげでいい時間が過ごせていると思う。
転勤はやっぱり、仕事だけでなく人生の新しいステージだったんだなと。
実際、仕事に対する意識もかなり変わったし、
関わる内容も大きく変わったしね。
そういった点からも、
君が生まれた後、1年くらいは夜泣きやお世話で、
まともに寝る事も出来なかった時期と比べると、
今は楽しい時間がすごく多くなった。
最初の1年くらいのつらい時期が、親としての自覚を得る
修行期間だったような気もするな。
もっとも、単身赴任中でもあるので、その辺はママに相当な負担が
かかっと思う。大人になったら感謝して下さい。ママに。
君は2歳以前から、プレスクールとかいろんなところに行ってるけど、
幼稚園入園ってのは、一つの節目な気もします。
ま、親にとって、かもしれないけど。
大きな病気もなく(ママと遊んでて骨は折ったけどね)
元気に大きくなってくれてありがとう。
今では「遊ぼう!」と行って、パパが家に居る時は密着マーク。
トイレやお風呂の中まで呼びに来てくれるけど、
ま、そういうことも、どうせ今だけだろうから、と思って楽しんでるよ。
明日から幼稚園生だね。
幼稚園では、ますます元気に遊んで下さい。
そして、大人になったら、くれぐれもママに感謝して下さい。
いずれ、君も自分の子どもが生まれたら、同じような苦労と気持ちを
感じるだろうけど。
君みたいな気難しい子を育てるのは、結構大変なんだよ。
気が向いたら、君が大人になって、自分の子どもの入園式に前日に、
このブログを読んでみてよ。同じことを感じてたら、相当面白いね。
入園おめでとう&ママ、お疲れさま。

photo credit: EJP Photo via photopin cc

Bookmark this on Google Bookmarks
LINEで送る
Pocket