Tag archives for 多様性

子育て

こういうことか!? 「友達がいない子ども」の親になってみて初めて感じたこと

我が家の長男、同じクラスに友達がいないことを心配されて(それだけではないが)クラスを変えてもらい、同い年や年上の子がいるクラスに編入させてもらいました。結果的に進級もしてしまいました。 (これについては前々回、前回のエン
Continue Reading>
教育

イエナプラン校の神対応にびっくり!新学期が始まった途端の進級が決定

長男がイエナプラン校に転校して、約1ヶ月。多くの人から、「早くイエナプランのことを教えて欲しい」という連絡をもらっていますが、正直、まだその中身を書けるほど、分かっていません。(本で読むのと、実際に行くのとでは大違い)
Continue Reading>
教育

やっぱり教育は「システム」が大事!? 国によっての違いをどう考えるか?

前回の「日本的大人」か、「西洋的大人」か?というエントリーに続いて、今回は、ヨーロッパというかオランダの教育システムの話です。 先週、SLOという、オランダにおける教育カリキュラムや生徒に向けてのキャリアカウンセリングな
Continue Reading>
子育て

「日本的大人」か「西洋的大人」か!? 「子育てスタンダード」は世界にいっぱいある?

オランダ在住のフリーランサーなのに、なぜか就活=「就職活動」の相談を受けることがあります。 もちろん、かれこれ20年前には就職活動もしましたが、そんな昔のことが参考になるわけもなく、ましてや勤めていた企業も退職しているの
Continue Reading>
仕事

日本でも実践できる!? オランダ視察をまとめた本『18時に帰る』が出ました!

我が家が2016年にオランダに移住した理由は、「子育て」が主な理由なのですが、これ、裏を返せば、「生き方」とか「仕事」とか「働き方」とも考えらえれます。 あたり前ですが、「子育て」を理由に移住する際には、当然、「仕事はど
Continue Reading>
海外

世界中に友達がいれば平和になる?バカができる時代の友達が1番大事な理由

オランダは、まだ寒い日もあるものの、すっかり夏らしくなって来て日差しがさすと暑くなり、夜の10時くらいまで空が明るく、鬱になりそうな冬の気候とはうってかわって、ヨーロッパの夏らしい爽快な日が増えて来ました。 学校も、そろ
Continue Reading>
教育

小さい時からずっとやってる?オランダの教育で大事なたった一つのこと

今日は大統領選の1回目の投票がおこなわれたパリに来ています。数日前から、物騒な事件が頻発していましたが、EUの未来を左右する、とも言われている選挙情勢なども見たかったので、現地にやって来ました。 パリでは事件の影響はあま
Continue Reading>
教育

教育方針が多様なら解決できる?学校は通わないといけないところではない

日本では新学期始まって早々だと思いますが、早くも不登校のニュースを耳にしました。 一方、オランダには「不登校児はいない」と聞いたことがあります。 なぜかと言うと、まず学校が自由に選べます。学区制がなく、近所に複数の学校が
Continue Reading>
海外

オランダではありえない!? 入学式や入社式が「一斉」であるのは良いことなのか?

いよいよ4月。入園、入学、入社の方、おめでとうございます! 今年は入学式のタイミングで桜がちょうど咲く頃でしょうか。日本では、毎年このシーズンになると、新入生、そして新人の真新しいスーツ姿が街に溢れますね。それを見て、皆
Continue Reading>
仕事

実際に体験してみた!「多様性がある環境で子どもが育つことは大事」は本当だった!?

今回は普段と少し趣を変えて、子どもの話ではなく大人の話を。というか自分自身の話を書いてみます。そう。実体験。というか体験レポートです。 というのは、実は2月からオランダで大学院(みたいなところ)に通い始めました。こちら、
Continue Reading>