Tag archives for 英才教育

未来

超エリートが偽装書類を作る時代?「前提が変わる時代」に子どもに必要なこと3つ

ここ最近、新しい働き方というか、新しい社会の仕組み、というか、未来(と言っても、実質すでに変化している)の社会についての投稿が続いていますが、今回はまたしてもそんな話に。 というのは、年明けから始まったお受験シーズン、3
Continue Reading>
教育

カンファレンス登壇者から学ぶ?学校では教えてくれない「本当の頭の良さ」

先日、オランダで開催されたBorder Sessionというカンファレンスに出席しました。こちらのカンファレンスはアート、テクノロジー、ネイチャー、スペース、サステイナブルといったことがテーマとなっており、かなりごった煮
Continue Reading>
教育

やっぱり教育は「システム」が大事!? 国によっての違いをどう考えるか?

前回の「日本的大人」か、「西洋的大人」か?というエントリーに続いて、今回は、ヨーロッパというかオランダの教育システムの話です。 先週、SLOという、オランダにおける教育カリキュラムや生徒に向けてのキャリアカウンセリングな
Continue Reading>
海外

日本と全然違う!? オランダで水疱瘡になったらどうするか?

先週、長男が水疱瘡になりました。先週のオランダ(の中でも自分の住んでいるエリア)は、学校がお休みで、それこそ家族でスキーに出かけるようなお休み期間でしたが、うちは残念ながら自宅療養に。 実は休暇のスタート時は、次男が中耳
Continue Reading>
子育て

どっちが親切なの?小学校で「落第させる」教育と「落第させない」教育

滞在、わずか数日という、あっという間の日本出張を終えてオランダに戻ってきました。 たった、3,4日留守にするだけでも帰ってくると、子どもの成長の早さにはびっくりします。特に、うちの場合は、次男が成長著しい2歳ということも
Continue Reading>
教育

これは意外すぎる!? 子どもの好奇心を伸ばすには詰め込み学習が絶対に必要なわけ

オランダに移住して、まるまる3か月が経とうとしています。現在、長男はオランダ語を専門的に学ぶ、語学学校の小学校(というのがあるのです)に通っています。 ここでも何度か触れていますが、「オランダ語ができない子のための学校」
Continue Reading>
子育て

焦っちゃダメ!? 子どもの育ちは「長〜い目」で見ないといけない理由

うちの次男は、ちょっと言葉が遅めです。あと数ヶ月で2歳になろうとしていますが、まだ10種類ぐらいの単語が出る程度です。お兄ちゃんは言葉が早く、1歳で喋りだし、2歳になる頃には2語文(「ママ 来た!」「ワンワン いる」とか
Continue Reading>
教育

親の経験はあてにならない?経済学で教育を考えれば子どもは簡単に天才にできる!?

前回書いた『これは知っておきたい?「ユダヤ式」天才を育てるたった1つの方法』では、「本がどこでも手に取れるような環境をつくる」のがユダヤ式の天才を育てる方法、ということを紹介しました。 ところが、実はそれは間違っているの
Continue Reading>
子育て

「夏休みだからする」はNG!? 親が知らずにしている子どもの「自然破壊」とは?

夏休み真っ只中。子どもたちは、いろんなところに行ったり遊びに、大忙しでしょうか? というより、それに付き合う大人のほうが大忙しですよね。またはお金を払って、サマーキャンプに行かせたり、でしょうか。いずれにせよ、パパさん、
Continue Reading>
人生

内向きな若者は教育のせい?東大式辞で語られたたった1つのこと

昨日まで、5歳の長男は春休み中で、毎日、家で1歳の子分の面倒を見ながら、幼稚園の始まりを楽しみにしているようです。 入園時は親の抱っこから離れなかったことを考えると、成長したなあと思い、イキイキと日常生活を楽しんでいるの
Continue Reading>
12